首のシワにソンバーユ(馬油)!これで本当に薄くなる?

首のシワを改善できるクリームとして、馬油をご紹介したいと思います。

馬油とは、その名の通り「馬の油」のことですね。

もっと分かりやすく説明すると、馬のお腹などにある脂肪を、長時間煮込んで作ったものなんです。
蒸気で洗浄し、臭いや不純物を取り除いて、クリームにしてあるんですね。

240_f_125540096_2xvb9x62rfiidvicjburx0ctuon5kszd

値段の高い馬油は、馬のタテガミ部分の脂肪を使っているそうですよ。

馬油の成分は人間の皮脂に非常に近く、昔からヤケドの治療薬として使われてきました。
我が家でも、物心ついた時からこの馬油とオロナイン、そしてニベアの青缶は、ずっと常備されていましたね。

中でもソンバーユは、もうおなじみです。
ソンバーユとは、熊本で育った食用馬の上級脂肪を使った純度100%の馬油のことで、一番人気の商品と言えるのではないでしょうか。


(画像をクリックすると、商品ページへ移動します!)

無着色、無香料、無鉱物油、界面活性剤不使用、ノンアルコール、パラベンフリー、アレルギーテスト済!
旧指定成分無添加の天然由来成分で、安心してお使いいただけるクリームです。

ヤケドだけではなく、シミやシワにも効くという、スキンケア的な効果も注目されているんですよ。

驚くべき効能!馬油は万能クリームだった!!

馬油には、炎症を鎮め、熱を取る作用があります。
ヤケドにいいと言われているのは、このためですね。

この他、抗酸化作用や殺菌作用、保湿効果、そして血液の循環を促進したり、新陳代謝をよくする働きもあります。

まさに、万能クリームですね!

240_f_41665904_ylwcuuxhbxaitjgzmoxicclepwsnzdan

スキンケアにも、素晴らしい効果を発揮します。

  • 高い保湿効果で、肌の乾燥を防ぐ。
  • 肌の赤みを防ぐ。
  • シミやシワの改善に役立つ。
  • ニキビやニキビ跡の改善に役立つ。
  • アトピーの痒みを軽減する。

私も、冬場は顔に馬油を使っています。
これが、すごくいいんですよ♪

化粧水 → 美容液 → フェイスオイル → 馬油

これで、乾燥対策はバッチリですね!
(ちなみに、私は乾燥+敏感肌で、若干アトピーのけがあります。)

馬油の効果的な使い方!首のシワはこうやって薄くする!!

それでは、首のシワ改善のための、馬油の効果的な使い方をご紹介していきましょう。

【馬油で洗顔する】

やり方は、簡単です。

  1. ティースプーン1杯くらいの馬油を、乾いた手のひらに取る。
  2. 両手で馬油を温めて伸ばす。
  3. これを顔全体につけて、クルクルと軽めにマッサージをする。
  4. 軽くティッシュでオフしてから、ぬるま湯で洗い流す。

タオルで水分を拭き取り、通常のスキンケアをすれば完了です。

240_f_71513776_1i2ani0qlfmxf2iyebey1ufbz1hufulw

これで「目尻のシワが解消された!」という人が、非常に多いんですよ。
首にも、試してみる価値アリですね。

【馬油でパックする】

バスタイムに、馬油パックはいかがですか?

  1. 洗顔して、メイクを落とす。
  2. 顔に馬油をたっぷり塗って、湯船に10~15分浸かる。
  3. 洗い流してから、通常のスキンケアを行う。

週に1~2回行うといいでしょう。
気になる目尻や首のシワには、馬油を塗った後にラップを重ねておくと、保湿効果が高まって更に効果的ですよ。

240_f_75637291_nwctjuo2j2cqaeujpfm0wc4uvg2is0b6

もちろん、馬油を首のシワに塗るだけでも、かなりの効果が期待できますよ。

馬油を手のひらで温めたら、首の上から下へなじませてください。
次にシワの部分に手を当て、外側に手を引く感じで、シワを軽く伸ばします。
この縦横マッサージを毎日繰り返すと、シワが確実に薄くなるそうですよ。

ソンバーユ(馬油)は気軽に入手することができますから、「高い化粧品を買うのはチョット・・・」という方にオススメです。
ただし、肌に合わない場合もありますので、異変を感じたらすぐに使用を止めて下さいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP