screen-92134_640

首のシワを取る方法!あさイチで紹介されたリンパマッサージとは

首のシワを取る方法として、2013年5月14日にNHKのあさイチで放送された、リンパマッサージをご紹介させていただきます。

むくみ・たるみ解消の達人として登場したのは、首都大学東京・健康福祉学部教授理学療法士竹井仁さん。

リンパとは、体内の老廃物を流してくれる線路のようなものです。
以下を総称して、「リンパ」と呼んでいます。

  • リンパ管・・・内臓や皮膚などに網の目状に広がり、全身に張り巡らされている。
  • リンパ液・・・リンパ管を流れている血しょうの一部。
  • リンパ節・・・全身のリンパ管の合流している部分。

このリンパの流れが悪いと首が太くなり、シワの原因になると言われています。
首にリンパマッサージをすることで、老廃物が流れてスッキリとした首になるというわけですね。

240_f_116987546_vvmxavwroszmrdkugunacdr85g8c9okv

ただ、リンパマッサージは首のシワを取るというより、薄く目立たなくする感じだと思います。
シワが深く刻まれてしまう前に、早めにケアしていきましょう。

実践!首のシワを取るリンパマッサージのやり方

では、首のリンパマッサージの手順です。
まずは、準備運動から。

①鎖骨の裏をほぐす。
手を胸の前でクロスして、中指と人差し指で耳から直線上の鎖骨のくぼみを、軽く回すように押します。
ゆっくりと10回くらい行って下さい。

②首の左右の筋肉をストレッチする。
首を左右交互に倒して、それぞれ5秒間キープします。
肩が浮くようなら、軽く手を添えましょう。
これを5~10回繰り返します。

準備運動が終わったら、首のリンパマッサージに入っていきましょう。

240_f_104128433_od9k579ceneap1ftihncn81d2snfdpmr

  1. 口の横に手を添えて、指全体を使って口元から顎の下までやさしくさすります。(5~10回)
  2. 顎の下から耳の下へ、やさしくさすり上げます。必ず顎を引いた姿勢で行って下さい。(5~10回)
  3. 耳の下から鎖骨に向かって、やさしくさすり下して下さい。(5~10回)
  4. 準備運動①(鎖骨の裏をほぐす)を再度行います。

※オイルを使って行ってもOKです。

マッサージが終了したら、常温の水を300ml飲みましょう。
リンパ内の老廃物が排出されて、首のむくみがスッキリしますよ。

リンパマッサージは、正しいやり方で行わないと逆効果になってしまいます。
また、妊娠初期・後期や血圧に以上にある方は、控えるようにして下さい。

もっと詳しく知りたいという方は、竹井仁先生の本を読んでみて下さい。
口角、ほうれい線、シワ、たるみなどの、正しいエクササイズが多数紹介されています。


(画像をクリックすると、商品ページへ移動します!)

首を長く見せる姿勢と首のスキンケアについて

この日のあさイチでは、「首のリンパマッサージ」の他に、「首を長く見せる姿勢」や「首のスキンケア」など、興味深い内容が目白押しでした。

首を長く見せる姿勢は、昭和音楽大学教授小山久美さんが紹介!
首にシワが全くないという、奇跡の50歳です!!

首に負担をかけないためには、「首を長く、まっすぐ伸ばす」という、バレリーナのような姿勢を取ること。
これを心がけるだけで、首のシワを予防・改善することができるのだそうです。

240_f_113203600_tfpajtjpamiseexp99rsw7ycblkd3j9m

小山さん直伝の「首を長く見せる姿勢」は、以下の通りです。

  1. 肩甲骨を立てて、少し胸を張り、肩と首を体の中心に置きます。
  2. お尻をキュッと持ち上げて、おへその下に力を入れます。
  3. 肩を耳に近づけるように上げ、ストンと落とし、体の力を抜きます。
  4. 「床を突き刺すように立つ」という意識で、まっすぐに立ちます。

慣れるまでは大変だと思いますが、この姿勢は首のシワを予防・改善するだけでなく、アナタを上品なイメージに見せてくれます。
女性として、ワンランクアップできそうですね!

次に、「首のスキンケア」について。
紹介してくれたのは、皮膚科医吉木伸子先生です。

240_f_116476215_hew78dnbcmr3jdqhuuahzmtutteg68sd

首のシワの主な原因は、皮膚のコラーゲン繊維などの老化からくる“たるみ”です。
これに効く成分は、以下の3つだとおっしゃっていました。

  • (パルチミン酸)レチノール
  • ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル)
  • ナイアシン(ビタミンB3)

レチノールは、コラーゲンを作り出す繊維が細胞に働きかけ、皮膚にハリが出てシワを薄くしてくれます。
ただし、レチノール配合化粧品で赤みが出ることもあります。
その場合は、ビタミンC誘導体やナイアシンが配合されている化粧品を使って下さい。

使い方にも注意が必要です。
必ず手で押さえて、皮膚にのせる感覚でつけて下さい。
また、パッティングの必要もありません。(黒ずみや赤ら顔の原因になります。)

吉木先生が開発している化粧品もありますので、「どの化粧品を選んでいいか分からない!」という方は、参考にしてみて下さい。


(画像をクリックすると、商品ページへ移動します!)

この3つの方法で、首のシワの改善には、かなり効果があると思います。
「年だから・・・」と諦めずに、頑張ってトライしていまきしょう!

関連記事

  1. frogs-1644949_1920
  2. girl-1848478_1920
  3. alien-826728_1920
  4. blow-22207_1920
  5. adult-15814_1920
  6. tutu-2079978_1280

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP